レジャーのダイビングでも「Cカード」というライセンスが必要

昨今ではレジャーの範囲も広がっていて、特に沖縄などは季節的には夏になるとマリンスポーツが盛んになります。 そして、其の沖縄の代表格が海のレジャーとされるダイビングという事になるでしょう。 ただ、ダイビングといいますと、レジャーばかりでなくプロのダイバーおりますし潜水士なども其の範疇に入ります。

ただ、レジャーでもプロのダイバーもおり、其の場合は指導的立場の人たちでインストラクターなどが其の対象になるでしょう。 しかし、飽くまでもレジャーのダイビングといいますとアマチュアでもプロでも其れなりの資格というのが必要になりますし、この場合は国や自治体が認可を必要とする資格などではなく、一般にはライセンス、即ち、民間団体の認可や許可という事になります。

因みに、ダイビングでも潜水士ということになりますと、この場合は基本的には潜水作業をする人でプロの仕事になりますので、そのためには安全とか保安という立場から国家的な資格が必要になります。 従って、レジャーダイビングの場合とはチョット異なる事になり、レジャーダイビングの講習やライセンスと潜水士の試験では、勿論、内容そのものも異なる場合が殆どです。

さて、其のレジャーダイビングの資格ということになりますが、本来はレジャーのためのダイビングというのは必要とされる「資格」というのはありません。 その代わりに著名なダイビングスポットには、ダイビングショップやダイビングの指導団体などがあり、其方で基礎的なレジャーダイビングの講習を受けて、其の団体が発行する講習修了証、即ち、「Cカード」というのを指導団体名で発行されます。 此れがあれば自由にダイビングを楽しめますし、ショップでダイビング機材のレンタルなども自由に借りる事も出来ます。

因みに、「Cカード」というのは、正式な名称を「Certification Card」の略で、ダイビングに関する所定のコースを修了したことを証明するものです。

一般に、ダイビングといいますと、レジャーの場合はスキューバダイビングとかシュノーケリングダイビングなどがありますが、シュノーケルの場合は空気口を口にくわえ外の空気を吸いながら海を散策します。 勿論、海の中に潜る時もありますが、その時は息を止めるのでそんなに長い時間とか深くは潜れません。 従って、この種に関しては講習や認可などは一切ありません。

ところが、スキューバダイビングと言われるものは完全に海の中に潜って、その中を遊泳するか海の中を散策することになります。 この場合は、海中で長時間にわたって、しかも深い海中を潜る事になりますから、従って背中には酸素ボンベ(空気ボンベ)などを背負って潜るようになり、手軽なシュノーケリングと比べてある程度の危険性を伴う場合もあります。 そのために安全器材なども必要になりますから、ダイビングとしてはかなり本格的になります。

沖縄ダイビング ワーキングスタディ 2019年